上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月17日(金)に阿部知子さんと打ち合わせをしてきました!
その日は新スタッフがたくさん助けてくれました。
どうもありがとう!

そして阿部知子さんの講演テーマが決まりました!

《思春期外来からみる「いのち」》

いま連日報道される、「いじめ」の話も関わってきます。
教育関係のみなさんや、保護者のみなさん、学生のみなさんが知るべき内容と思います。

★当日のお話をより深く聞きたい方はぜひこちらをお読みください。
(当日も会場にて販売いたします。)

『思春期外来診療室』 阿部知子編著 学陽書房
本体1,500円(+税) 210ページ
ISBN4-313-66021-6 / 1998年5月15日初版発行 2000年3月25日2刷発行

・・「失敗を許さない子育て」がいつの間にか親自身から本音の育児を奪い、いつも外向きの「良い親」、子どもには「良い子」を演じることを強いてきた。10代までの子を持つお母さんへ女医からのメッセージと子育て処方箋。

あなたは「良い子」を演じて(演じることを強いられて)いませんか?
演じることを強いていませんか?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ytaj.blog48.fc2.com/tb.php/31-a815929c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。